『なぜ +α ビジネスニュースを読み解く必要があるのか?』
ずばり、ニュースサイトをよく利用する人には高額所得者が多いそうだ。日々アンテナを張り巡らせて、情報収集を!一歩先へ、ビジネスチャンスをモノにするために!


[ Pick Up ]
ビッダーズ出店資料・・・PC3大モールでは3番手ですが、ケータイモールで
月商1000万円店舗続出するなど携帯モールでは抜群!
ペガサスの塾経営!・・・独立開業など起業を考えているかたは必見。
<< 魅力的な会社とはどのようなものなのか?見せ方で変わるIR情報
資格起業で個人事業!+F1
F1 ホンダが39年ぶり優勝!! >>

スポンサーサイト

  • 2007.05.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
  • このエントリーを含むはてなブックマーク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2006年F1で最も波乱に満ちたGP。ハンガリーGP決勝結果!

ハンガリーグランプリの翌日、各新聞の見出しに載っていたのですでに承知だと思いますが・・。

〜ハンガリーGP決勝当日のコンディション〜
ブタペストのハンガロリンク(4,381m)
天気は、雨のち曇り。レース開始数分前に雨が上がる。
気温、19℃。路面温度20℃。湿度88%。

まさかの気温19℃!!
両タイヤサプライヤーにとっては予想外でした。しかも今年初の雨でのレース。

〜F1第13戦 ハンガリーGP決勝結果〜
1.バトン(ホンダ)
2.デ・ラ・ロサ(マクラーレン)
3.ハイドフェルド(BMWザウバー)
4.バリチェロ(ホンダ)
5.クルサード(レッドブル)
6.ラルフ(トヨタ)
7.マッサ(フェラーリ)
8.ミハエル(フェラーリ)
9.モンテイロ(ミッドランド)
10.アルバース(ミッドランド)
11.スピード(トロロッソ)
12.トゥルーリ(トヨタ)
13.琢磨(スーパーアグリ)

リタイア
アロンソ(ルノー)
ライコネン(マクラーレン)

リウッツィ(トロロッソ)
ロズベルグ(ウィリアムズ)
フィジケラ(ルノー)
クリエン(レッドブル)
ウェバー(ウィリアムズ)
左近(スーパーアグリ)


〜レース展開詳細〜 詳しく知りたい人はどうぞ。

レッドブル、クリスチャン クリエンがピットスタートを選択(当初は13番グリッド)。

15番手スタートのフェルナンド アロンソの前に空きができ正面には11番手スタートのミハエル シューマッハ。

ポールはキミ ライコネン。
フロントローフェリペ マッサ。
ルノーのフェルナンドアロンソとフェラーリのミハエルシューマッハは、スタンダードウェット(インターミディエイト)タイヤ。

スタートしてオープニングラップを終えた時点で、1位ライコネン、2位バリチェロ、3位デラロサ、4位ミハエル、5位フィジケラ、6位アロンソ、7位マッサ、8位クビサ、9位クルサード、10位ハイドフェルド、11位バトン、12位ラルフ、13位リウッツィ、14位、トゥルーリ、15位スピード、16位佐藤琢磨、17位ウェーバー、18位モンテイロ、19位ロズベルグ、20位クリエン、21位アルバースの順。

4周目にはずば抜けた速さのアロンソがターン6でミハエルをパスする。

live timingを見てみると、アロンソのグラフがとんでもなく跳ね上がっている。

7周目、バトンがミハエルの前へ。この時点でバトンは4位に浮上する。

明らかに、ミシュランのタイヤがコンディションにマッチしている。

16周目に、1コーナーでフィジケラがミハエル シューマッハをパス使用とした時、フィジケラの右リアタイヤと接触して左側のフロントウィングがはじけ飛ぶ。

フィジケラがコントロールを失ってバリアに。!一時的にコースに復帰したが、その後ストップ。

23周目、アロンソが1分33秒498でファステスト。

ブリヂストンユーザーのミハエル シューマッハのラップタイムは1分40秒台!!

この差は歴然で、アロンソがミハエル シューマッハを周回遅れにする。

26周目、2位を走行していたライコネンがリウッツィに追突する!
ライコネンを先に行かせようとリウッツィが急激に減速したところへ突っ込む形。

セーフティーカーが入り、1位アロンソ、2位バトン、3位デラロサ、4位バリチェロ、5位ハイドフェルド、6位クルサード、7位ミハエル シューマッハとなっている。

32周目、リスタート。

アロンソはトップを快走し、1周で2位のバトンに8.8秒の差をつける。

しかし、バトンが盛り返しともにファステストの出し合い。

レコードラインがかなり乾いてくると、ミハエルがいきなりファステストラップを記録!

かすかに日差しも差し込みだすころには、ミハエルが1分29秒053でファステストラップを更新する。

ミハエルを追う国際映像ばかり見ているうちに、2位のバトンがいつの間にかアロンソに接近、その差0.8秒に。

46周目、トップのアロンソに接近していた2位のバトンが2度目のピットストップを行ないコース復帰。

ミハエル シューマッハも同じラップでピットへ入るが、タイヤ交換なし。

52周目、ターン2でアロンソの右リアタイヤのホイールナットが外れてコントロールを失いそのままバリアへ!!!!

アロンソはリタイア。

この時点で、1位バトン、2位ハイドフェルド、3位ミハエル、4位デラロサ、5位バリチェロ、6位クルサード、、8位ラルフ、9位マッサ。

残り10周、ミハエルはスタンダードウェットのまま。かなりムリをしているため、タイヤが厳しい。

64周目。シケインでデラロサが踏ん張るミハエルをパスして2位へ浮上する。

65周目、突如ミハエルのペース落ちる!明らかに力が抜けていく。
そのままピットに向かい、ガレージへ。

まさかのドラマが待っていた。アロンソリタイアだけでは終わらなかった。両者ノーポイント。(レース後、クビカの重量違反により、ミハエルがかろうじて8位となり1ポイントゲット。)

F1参戦113戦目にしてホンダのジェンソンバトンがチェッカーを受ける!

チェッカー!ジェンソン バトンがF1での初優勝を達成!

スポンサーサイト

  • 2007.05.11 Friday
  • -
  • 00:51
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
  • このエントリーを含むはてなブックマーク

 [ Pick Up リンク ]
 モバゲータウン・・・このブログでも度々取り上げている、携帯ビジネスにおいて快進撃を続ける携帯SNS&ゲームサイト。まだ利用したことが無い方は一度覗いてみては?
無料でダウンロードできるフラッシュゲームおもしろいです!特に街ゴルフ2!

 [ Pick Up 起業&資産形成情報 ]
  競馬予想業界に大革命!あなたの資金が285倍になったら競馬をやめられますか?

  元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法





このサイトに広告を掲載
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック

この記事へのリンクがないものは無効となります。また、内容に関連性のないものは一切表示されません。

免責事項 : コンテンツの正確性には随時細心の注意を払っておりますが、当サイトの使用及び閲覧によって発生したいかなる損害に関して一切の責任
を負いません。また情報やリンク先について正確性、安全性等いかなる保証もしていませんのでアクセスは自己責任でお願いします。無利息キャッシング
個人事業個人事業主として独立開業するなら、資格起業サイトが役立ちます。また、資格に関する比較情報も資格取得サイトをぜひご利用下さい。
会計に関して簡単に青色申告をするなら弥生会計が便利!税理士無料探しサイトも。本やCDの通販ならアマゾン通販.comを。 http://www.shinobi.jp/
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス